未分類

 

皆さま、こんにちは。

いつもブログを見て頂き、ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さまのおかげ様で

『ベアーズタウンライカムG/H号地』完売となりました。

とても多くの方々にご来場頂きましてありがとうございました。

 

同じライカムエリアで好評分譲中の新築分譲マンション

「ベアーズコートライカムグランデ」は残1邸となっております。

棟内モデルをご見学希望の方はお気軽にお問い合わせ下さい!!

 

現在、株式会社 住太郎ホームでは引き続き

分譲マンションや建売住宅の建設を計画しております。

分譲中・計画中に関する情報はHPをご確認下さい。

 

また次回のブログでお会いしましょう!

今後とも住太郎ホームを宜しくお願い致します。


みなさん こんにちは!

いつもブログを見て頂きありがとうございます。

 

さて本日のブログは

ベアーズコート安里ステーションから

周辺施設に着くまでの距離や時間をご紹介します!!

 

【周辺施設一覧表】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【アクセス】

・ゆいレール 安里駅:徒歩4分(270m)

・那覇空港:車 11分(7.0km)

【教育機関】

・那覇市立 大道幼稚園:徒歩5分(350m)

・那覇市立 大道小学校:徒歩5分(400m)

・那覇市立 真和志中学校:徒歩5分(350m)

【商業施設】

・栄町りうぼう:徒歩3分(210m)

・サンエー那覇メインプレイス:車 3分(1.7km)

【公共施設】

・沖縄市役所:車 4分(2.5km)

・沖縄県庁 :車 4分(2.3km)

【その他】

・大道郵便局:徒歩7分(550m)

・嶺井医院:徒歩2分(130m)

※歩 = 徒歩分数は地図上の距離を80mを1分として算出したものです。
※車 = 車による所要時間は地図上の概測距離を時速40km(高速は時速80km)で走行した場合で換算したものです。

 

ゆいレール安里駅まで徒歩4分という好立地でありながら

幼稚園~中学校、栄町りうぼうも徒歩5分圏内に

全て揃っているのは便利で嬉しいですね!

 

今回のブログはここまで!

また次回のブログもお楽しみに!

 

【ベアーズコート安里ステーション 現地案内所(建設地) 】

 

【お問い合わせ情報】

お問合せ先:0120-081-903
営業時間 :10:00~19:00(定休日/毎週水曜日)

現地案内所(建設地)グーグルマップはこちら
https://goo.gl/maps/owtVWRxz2YYx5sSs6

ホームページからのご予約はこちら
https://jyutaro.co.jp/bearscourt/bc_asato_station/contact/index.php


―住太郎ホームLINE@―
優先見学会へのご招待やイベント情報
おトクな最新情報など楽しみ満載!

 

 

皆さま こんにちは!!

いつもBlogを見て頂きありがとうございます。

 

ベアーズコートライカムグランデ

おかげさまで最終分譲となりました。(残1邸)

 

昨日から始まった4連休期間中も

現地にて完成見学会を開催しております。

ご案内出来るお部屋が1部屋のみですので、

見学を希望される方はお早めにお問い合わせ下さい。

 

今日のブログはここまで!

また次回のブログをお楽しみ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(地図画像をクリックすると大きく表示されます)

*お客様にごゆっくりご覧いただくために事前のご予約を皆様にお願いしております。

平日・土日・祝日いずれもご案内可能ですのでお気軽にお電話ください。

 

 

 

 

 

 

 

 


こんにちは

こちらは只今建設中のR様邸です。

太郎(RC造)の二階建て・ガレージ付!
とても日当たり良く明るくて素敵な住宅に仕上がって参りました。

完成をとても楽しみにしてらっしゃる御施主R様ご一家の笑顔の為に、
今までと変わらず精一杯お手伝いして参りたいと思います。

 

 

 


先日現場を見に行くと、職人さんが暑い中一生懸命作業されていました。
花子の工期は平屋で約4ヶ月。二階建てで約5ヶ月です。
完成までの間、たくさんの職人さんが一生懸命"お客様の幸せ"の為に汗を流しています。

以前より、風が冷たくなって秋らしくなってはいますが、
まだまだ日差しは強いので、太陽の下での作業はとても大変だと思います。
職人のみなさん、本当にいつも暑い中での作業ありがとうございます。
ケガの無い様、また熱中症などに気を付けて頑張って下さい。

●写真は花子(木造2×6)の基礎と壁組
ベタ基礎と根太 ベタ基礎と白蟻保証付基礎パッキン
2×10材使用した406㎜間隔の根太 床下の配管状況
2×6と2×4材の壁枠組 壁組状況
住太郎ホームは、本当にたくさんの御施主様や、現場職人の皆さんに支えられていると感じます。
そして"お客様が住太郎ホームの家で幸せになりますように"と気持ち込め、
社員一同、現場の職人共々、お客様の夢実現の為に頑張っております。
感謝の気持ちを忘れずに今日も一日頑張って参りたいと思います。



皆さん、こんにちは!
今日は、木造住宅に関して良く質問される点について、Q&A形式でご説明させていただきます。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

Q1.「木造は台風や火事が不安だわ。大丈夫なの?」

A1.
住太郎ホームの木造住宅「(商品名)花子」は
“2×6”(ツーバイシックス)材を使った枠組壁工法
一般的によく耳にする“2×4(ツーバイフォー)”と比較すると約1.6倍の厚みで、
強風や地震などの横揺れに対する曲げ強度は2.5倍。荷重に対する圧縮強度は1.6倍
強いハリケーンが襲う北米やカナダにおいては、木造住宅の一般的な工法となっており、
毎年台風がやって来る沖縄においても、風速60mを超える風に耐える事が出来ます。
※木造住宅は、台風時や強風時、木本来の弾性により衝撃を吸収、緩和する為
少し揺れる事も有りますが、一時的にしなるだけでまた戻ります。

また、意外だとお思いでしょうが“2×6材は、火事にも強い!”です。
太さや厚さ(断面)が大きい木材の場合、火が着いても表面に炭化層を作るだけで、
火は内部まで進行しにくい、550度以上で変形しやすく強度が低下する鉄よりも
耐火性能に優れている事が、研究機関等でも証明されています。

さらに
外壁枠組・床根太・天井根太の6面体で作っていく枠組壁工法
を採用することにより、2×6材と枠組壁工法の良さを存分に引き出し
木造在来工法、2×4工法よりも頑丈で安心な家作りが可能になります。
☆ちなみに、住太郎ホームは、2×6材よりさらに厚みのある2×10材と
2×6材・2×4材を壁・床・天井のそれぞれの場所に応じて使い分けています。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

Q2.「シロアリは大丈夫なの?」

A2.
太郎ホームは3段階のシロアリ対策”を行っております。
第1段階 ACQ加圧 (JIS・JAS規格の環境にも人にも安心安全な防腐・防虫剤を加圧注入)した
↓    2×(ツーバイ)材の樹種の中でも特に強度や弾性に優れた北米産ヘムファー(米栂)を構造材に使用

第2段階 5年補償付きの防蟻薬剤散布を、土間コンクリート打設前の土壌処理
↓    内部造作前の構造材の木部処理計2回おこなっています。

第3段階
更に、10年補償付きの基礎パッキン工法を使用。
(※H22年9月以降の着工物件から導入)

実際に、住太郎ホームのこれまでの実績の中で、白蟻被害に関する報告は1件もございません。
この3段階を標準施工しておりますので、どなた様も安心してお住まいいただけます!

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

また
“木の家って、なんだか心地良いよね!”
と感じるには理由が有ります。

“木”の性質

①木は温度を蓄熱しにくい為、輻射熱による昼夜の躯体温度変化が小さい
沖縄の暑い夏も、昼も夜も涼しく、快適
⇒ 外気温に影響されにくいので、
エアコンの効きが良い。

②木は調湿機能に優れており、呼吸している天然素材
⇒ ジメジメした梅雨時や水廻りに湿気がこもりにくく、カビも生えにくい

沖縄の気候(高温多湿で、夏場の陽射しが強い。海に囲まれた土地etc・・) を踏まえて、
先に述べた2×6木造枠組壁工法及び「木」の性質を見てみると
いかに、沖縄の気候に適した住宅かご理解いただけると思います。

沖縄県内で、2×6枠組壁工法の建築実績をこれだけ有しており
現在も当工法で建築施工しているのは住太郎ホームだけ。
【心地よさ】と【選ばれている理由】を、完成見学会で実際にお確かめ下さい。

今週の見学会は下記ページからご確認いただけます!
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
見学会のご案内




皆様こんにちは!

今日は、現在建築中の注文住宅
八重瀬町T様邸(2×6木造/花子シリーズ)の工事進行状況をご案内!

▲上段左:着工前 → 右:地盤改良
▼下段:土工事(根切り)の様子

地盤調査で地盤改良の必要性があったこちらの現場は、
柱状改良工事後、捨てコンクリート → 基礎土間コンクリート打設
その後は下記の工程へ進みます。
▲上段:基礎立上り部配筋状況
▼下段:基礎立上りの出来型

ここから躯体工事へ進みます。
▲上段:床組の様子。『しろあり補償付の基礎パッキング』を使用しています。
▼下段:床組後、壁組へ進みます。

壁組に続いて、小屋組みへ。
天井根太や棟木、2×6材で垂木を組んでいきます。

全体像がようやく見えて来ましたね!
着工からここまでで、全工程の約1/3位といった所でしょうか。
写真には映っていませんが、電気や衛生設備工事の配管や
白蟻対策の土壌処理等も済ませています。

まだまだ続きますが、ひとまず今日はこの辺で・・・。
近日中に続きをご案内いたしますので、お楽しみに。

住太郎ホームのWEBサイトへ ⇒



皆様こんにちは!

今日の物件紹介は、昨日お引渡し完了したばかりの
明るく風通しの良い環境に建つ、うるま市のM様邸
太郎(RC造)29坪の平屋です。

内装材や照明器具など、随所に奥様こだわりのインテリアセンスが光る
とってもとっても素敵なお住まいが完成しました。
駐車場から玄関に続くアプローチと外構は建物ととてもマッチして
ぱっと見、隠れ家レストランの様な素敵な外観が魅力です。

住太郎ホーム 注文住宅(太郎シリーズ) M邸

ここから、M様ご家族の笑顔に満ちた、明るく素敵な暮らしが始まりますように♪

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
住太郎ホームでは、皆様の憧れの住まいを形にしていくお手伝いをしています。
是非、お気軽にお問い合わせくださいませ。
■お問合せ先:098-989-1577
■HP:http://www.jyutaro.co.jp/index.html